カフェインの作用

カフェインは一般的にはコーヒーや緑茶、コーラなどに含まれていることが知られていますが、健康食品にも含まれているものが多く存在します。理由として、カフェインの作用にあります。カフェインを摂取することにより、鎮痛作用による疲労の軽減や覚醒作用による眠気を抑えるなど多くの効果があります。健康食品の中でカフェインが多く含まれるものとして栄養ドリンクやエナジードリンクなどがあります。

これらは前述した疲労軽減の効果や覚醒作用による眠気防止を補助するために含まれています。また、健康食品ではないですが、薬局等で市販されている風邪薬などにも含まれています。 健康食品でカフェインが含まれているものは一般的なダイエットや普段の健康を維持する栄養補助食品といったものと違い、どちらかと言えばここ一番の肝心な時、気力を出すために使用するといったものが多いです。また、前述した効果は実際に治したものではなく、身体を麻痺させているものです。いわば、麻薬に近い効果であるため過剰摂取は急性中毒や依存症といったものも存在します。

健康食品の成分豆知識:L-カルニチンとは

L-カルニチンとは、体内で脂肪を燃焼してエネルギーを取りだす時、脂肪酸を細胞内のミトコンドリアに運ぶ役目を果たしている物質です。 L-カルニチンは、もともと心臓病の薬として使われていたのですが、2003年に厚生労働省から健康食品としての使用が許可されました。 健康食品としてのL-カルニチンは、脳内の情報伝達物質アセチルコリンの原料にもなり、脳の活性化に役立ちますし、最大酸素摂取量を増やし、持久力を増加させるという論文が発表されています。

これは、脂肪の燃焼がすすみ、疲労物質の乳酸の産生が抑えられるからだと考えられています。 健康食品の最大の効果と考えられているのは、血液中の中性脂肪が、分解されてできた脂肪酸が、L-カルニチンの働きにより、ミトコンドリアに運ばれますから、血液中の中性脂肪が減り、生活習慣病の予防になることです。 この物質は動物性食品、とくに羊の肉に多く含まれていますので、食品から摂ると肉食中心の生活になりかえって生活習慣病を招きますので、健康食品のサプリメントとして利用するのが賢い方法です。

おすすめのサイトは、 黒酢サプリランキングガイド です。